TOP > ダイエット

ダイエット レシピ詳細

肝臓を丈夫に「鯛のあらの煮もの」

肝臓を丈夫に「鯛のあらの煮もの」

鯛に含まれるタウリンが肝臓の働きを高め、EPAが血液をサラサラにし、DHAが脳細胞を活性化し、ビタミンB1が疲労を回復し、大根に含まれる食物繊維が便秘を予防・改善すると言われています。鯛のあらを使った和の一品です。

所要時間:約40
QRコード
携帯表示QRコード
1人分のカロリー:約250kcal
【材料(2人分)】
 大根(大きめの乱切り) 1/3本(300g)
 鯛のあら 500g
 (A)
 ・水 400ml
 ・酒 大1
 ・みりん 大2
 ・しょうゆ 大1
作り方
  1. (1)鍋に湯を沸かし、大根をゆでて引き上げ、続けて鯛をゆでる。
  2. (2)別の鍋に(A)を沸かし、(1)を加えて汁気が少なくなるまでコトコトと煮る。
ワンポイント ●鯛のあらは大きければ半分に切ってください。
印刷用画面へ 携帯で見る
ユーザーコメント コメントする
みんなのオススメ度 0 (0人)
 このレシピにはまだコメントがありません。

新規検索