食キングNews! 晩ご飯に悩んだら?!何たベールで決めちゃおう
ハロウィンのかぼちゃは食べられる?
【レポート:ラブリーちゃん】
今週末10月31日はハロウィン♪ 今回はかわいいもの大好き(ハート)のラブリーがリポートします。

ところでこのハロウィンについて、みなさんどこまでご存知ですか?
起源はアイルランドに伝わるケルト民族の収穫感謝祭で、今ではキリスト教の「万聖節」の前夜祭のことをさします。
11月1日の万聖節とは、カトリックのすべての聖人を祭る日で、聖人(=hallow:ハーロウ)を祝う10月31日の前夜(=eve:イブ)から、hallow’s eve(ハーロウズ・イブ)→halloween(ハロウィン)と呼ばれるようになりました。


万聖節には死者や悪霊があの世から復活すると信じられていたため、前夜の10月31日に人々は悪霊に魂を取られないよう仲間に見せかけたり、あるいは悪霊を追い払うべく魔女やお化けの仮装をするんだとか。
オレンジ色の巨大カボチャを恐ろしくて奇妙な形相にくり抜いて作ったランプも、家の前に灯すことで悪魔祓いの役割を果たしていて、古くはカブをくり抜いていましたが、ハロウィンの行事がアメリカに伝わった際にカブに馴染みが薄かったためかぼちゃになったんですって。

また、子どもたちが家々を回ってお菓子をねだるときに言うハロウィンの合言葉「trick or treat:トリック・オア・トリート(お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ)」は、死者の霊を慰めるために行うキリスト教の古い慣習や、祭りの食べ物を各家から集める行事から発展したといわれています。

ついでにこの時期、日本のお菓子業界ではクリスマスやバレンタインデーに次ぐ期間限定商戦が繰り広げられています。おいしいお菓子やケーキが盛りだくさん!で、パンプキンパイやプリンは秋の味覚ですよね。

あ、でもハロウィンのかぼちゃのランプに使われるかぼちゃは食べられませんヨ。おいしくないので、もっぱら家畜のエサになる運命にあります。しかも生モノだから寿命は2日〜長くて1週間。もともと怖い顔だけど、朽ちていく姿はもっと怖そう〜。


ハロウィンについてもっと詳しく知りたい人は→
http://www.h-jp.info/index.htm

7人のレポーター 安井一番の助(節約ネタ担当) 伊集院麗華(セレブネタ担当) ラブリーちゃん(ラブリーネタ担当) ナマケどん(手抜きネタ担当) お秀さん(和食ネタ担当) メタ坊主(ダイエットネタ担当) エイヨウ・トルティーヤ(がっつりネタ担当)