主婦ばんざい

今回の主婦は、6年間の官公庁でのバイト経験から得た面白エピソードを4コママンガにつづった『すべては県民のために。これが県庁公務員』 のきんととさん。言葉少なく、シンプルに描かれたマンガに込められた、深い想いにも注目!

「きんととさんを知る7つの鍵(前編)」
きんととさん
神奈川県在住。武蔵野美術大(短大)を卒業後、文房具メーカーにてキャラクターデザイン、月刊誌のイラストレーターの職に。離婚後に勤めた官公庁でのバイト経験を紹介したブログで2009年のJBA総合グランプリを受賞! 現在は一男一女、夫の4人家族。
ブログの開設のきっかけ

30代の頃、シングルマザーになって仕事を探さないといけない状況の中、最後に私をアルバイトとして雇ってもらえたのが官公庁でした。
通算6年間の体験はじつに興味深く(笑)、いつか何かの形で発表したいと。育児や料理ブログにも憧れましたが、「今、自分が描くべきは、このテーマしかない」と、当時パソコン音痴だったにも関わらず2008年の1月から始めました。

なぜ、官公庁でのバイト体験をテーマに?

働いてみて、“公務員はまじめで堅い”イメージ通りだったんですが、裏を返せば誠実に頑張っている人が多いんですね。
それが、テレビや新聞で報じられる一部の公務員の失態によって、ほかのすべての人が非難されてしまうのは哀しくて…。なので、マスコミ報道からは知りえない、日常の出来事を紹介することで、頑張っている人たちを応援したい気持ちもあります。

ブログを始めてどんな風に生活が変わりましたか?

家とスーパーの往復と、家事・育児に明け暮れる毎日ですが、文通感覚で下は10代から上は60〜70代の方まで、国内外の方々と交流ができるようになりました。
不思議と年齢が上の方に男性が多く、きっと「官公庁」をキーワードに検索されてきたと思われますが、4コママンガなので(笑)、ご期待に沿えているかは不明です(笑)。

忙しい家事&育児の合間でどうやって時間を作っているのでしょうか?

1日のうち、昼間に1〜2時間、夜中に1時間ほどと時間を決めてブログ制作と更新に費やします。が、1話を更新するのにすっごく時間がかかるんですね(汗)。
最初に4コマ目のオチのシーンだけは思い浮かぶのですが、残りの3コマを加えた全体の構成が固まるまでが一苦労なんです(笑)。
絵を書くのは早いですが、極力文字を少なくして読みやすくしたいので、言葉をそぎ落とす作業も含めて3時間近くかかってしまいます…。

描くネタを決めるのはいつですか?

朝の情報番組などを観たときにピンときたもの、季節と時世に合うものを選んでマンガにします。
ネタ元は、長男の育児日記に描き留めた「職場で今日あった面白いこと」なので、ストックはあるんですけど、数に限りがあるんです…(笑)。そのせいか(?)、たまにタイトルとはまったく関係ない話題に脱線しちゃいますね(笑)。

読者から反響の多かったエピソードをいくつか挙げてください

給食の思い出と、地場野菜です。読者さんは主婦層の20〜40代が多いせいか、興味の最たるものはやはり食関係ガラミですね(笑)。
農業系の部署にいた頃は、地場の野菜や果物をいただく機会が多かったのですが、それを皆でいただく過程や会話がちょっと変わっていて(笑)、そのことを描いたときもたくさんのコメントをいただきました。

給食の思い出(153話)
http://kintotoo.blog42.fc2.com/blog-entry-158.html

地場野菜(23話)
http://kintotoo.blog42.fc2.com/blog-entry-23.html


きんととさんのような人気ブロガーになるには?

ブログはコツコツ続けることと、お互いを尊重することが大事なんだなと感じています。
私も始めた当初は、ほとんどアクセスがなかったんですが、ブログランキングの無料掲示板を利用するようになって、多くの方に観ていただけるようになりました。
ここから紹介していただいたり、つらいときに励ましていただいたりと、さまざまなご縁に支えられて今があると感謝しています。
たまに他のブロガーさんの記事を読んで感銘を受けて、自分なりに想うことを描くことがあって、やりとりを通じて同士のような気持ちを共有できる瞬間は、感慨もひとしおですね。